2010年 08月 19日

ダンバイン・キットの仕様とか


figmaスタンドは汎用性が高いのぅ。
b0063969_9132943.jpg

figmaをお持ちの方は比較できるかと思いますが
ダンバインの大きさは大体170mmくらいとなっております。
NONスケールですが、スケール換算すると1/40くらい?

では、今回はキットの内容などを。

従来のS.A.E製ABに比べて
今回は比較的プレーンな印象のダンバインですが、
少しでもバリューを高められればと思い、
出来るだけパーツを分割しました。
マスキングが必要な部分は
オデコの逆シトロエンマークのみ、となっております。
(肘、膝、股間、肩の関節部は除く…)
b0063969_9141142.jpg

上画像の右側の三日月状のパーツは
アキレス腱?あたりのフィンのパーツで
左下のパーツはフクラハギの突起のパーツです。
ココは別パーツになると塗装が大変ですので
別パーツにしてみました。
生産上問題が無ければ透明レジンになる予定です。
b0063969_9173259.jpg

構造上何のパーツなのか分かりませんが
生産過程でおそらく入るであろう微細気泡も
中に液体状のものがある、と考えれば悪くないかも。
オーラリキッド(笑)とか。
b0063969_920494.jpg

同様の考え方で肩や股間の付け根の
例のピンクのパーツも別パーツとなっております。
更に、何を血迷ったのか調子に乗って
胸の3枚のキャノピーも別パーツ化(予定では透明…)。
さすがにコクピットは入ってませんがー。
更に更に、わき腹の黄色い突起も別パry
上のパーツ画像の左中央のパーツです。
ちなみに左上のパーツは目のパーツです。
予定では裏側から複眼パターンを入れる予定でしたが
時間の都合で今回はナシ。悔やまれるところですが…。

以下、他のパーツ展開。
b0063969_9243093.jpg


こんなにあっさりゾーケーなのに
パーツ数70越えとかwww

次の更新はテストショットが来た頃でしょうか。
週末には…。
[PR]

by tacbox | 2010-08-19 09:32 | キャラホビ2010・ダンバイン


<< キャラホビ2010卓番号決定      ダンバイン・作業中に考えていたこと >>